給料日前 0円

MENU

給料日前 0円

 

給料日前に0円って油断すると結構おちいってしまいますよね。

 

例えば冠婚葬祭や付き合いが重なる事が原因となって、給料日前に0円になってしまうのです。

 

私も友人の結婚式が多くあった月に所持金0円となってしまい困り果てた時がありました。

 

やはり所持金が無いと食事の心配や、家賃が払えなくて信頼を無くすのでは?と考えるとかなり焦りました。

 

給料日前に0円となってまずいと思って、友人に借りたり・会社に前借をお願いしようかとも思いました。

 

ただ友人ですとお金の話を出すと距離を置かれたり、会社で金にだらしない奴とレッテルを貼られ昇進に響くのでは?と思ったので話を切り出せなかったのです。

 

そんな中で、給料日前に0円となった私が知ったのは、「給料ファクタリング」でした。

 

給料日前に0円状態を給料ファクタリングで回避

 

「給料ファクタリングとは何?」とか「なんか怪しい!」と思う方もいるかも知れませんね。

 

私もそう思いましたから…。

 

給料ファクタリングとは簡単に言うと、働いた分の給料を前もって買取ってもらうというサービスです。

 

通常サラリーマンの場合ですと月末締めの翌月25日に給料が支払いされます。

 

働いた分の給料は支払いまでに時間がかかりますので、支払い前に買取ってもらって所持金を得ることが出来るのです。

 

日本ではまだ一般的になっていないため知らない方も多いですが、発祥の地イギリスではよく活用されている資金調達サービスとなっています。

 

私は給料日前の対策として様々なことを考えましたが、一時的に0円状態を脱したかったのでリスクが少なく利用できる給料ファクタリングにしました。

 

ちなみに私が利用した給料ファクタリング会社は「七福神」です。初めに気になった時に「問い合わせフォーム」から問い合わせをしたところ、対応も誠実な感じだったので利用することに決めたのです。

 

 

給料ファクタリングはこんな方が利用することに向いています
  • 定職に就いており給料収入を得ている
  • 早く現金を得て所持金0円から脱したい
  • 会社に知られずに利用したい
  • 消費者金融の借入履歴を残さずに利用したい
  • 過去に自己破産でブラックとなってどこからも借りれなくて困っている

 

給料ファクタリングを利用する上でデメリットと言えるかもしれませんが、現在定職に就いており給料の収入がある方しか利用できない点に注意です。

 

給料ファクタリングは支払い予定の給料を前もって買取るサービスなので、無職など収入を得る予定の無い方は当然に利用出来ないのです。

 

 

私は給料日前に0円となった時に真っ先に対策として思いついたのが、消費者金融での借り入れです。

 

ただ消費者金融での借入をする際に注意しておかなければならない事があったのです。

 

それは「借入履歴」が残ってしまう事です。

 

しかも借入履歴は「完済」してから5年間も履歴として残ってしまうということはご存知でしたか?

 

借入履歴が残った状態ですと、銀行などでお金を借りる際の審査にマイナスイメージを持たれてしまいます。

 

消費者金融は手軽に借りれるイメージはあるのですが、このような点には注意が必要ですね。

 

意外と完済してから5年間って長いですからね。

 

 

それに対して給料ファクタリングは借入・融資ではなく、給料の買取なので借入履歴などに全く影響がないので安心できます。

 

私が消費者金融ではなく給料ファクタリングを選択した大きな理由は、このような背景があったからなのです。

 

給料ファクタリングの特徴として過去に自己破産していても、現在定職について収入があるのなら利用できる点も大きなメリットといえます。

 

 

以上、給料ファクタリングの説明をしましたがあなたが給料日前に0円でどうしようか悩んでいるのならば、活用する手段として検討してみてもいいかもしれませんね。

 

私もそうだったのですが、給料日前の0円状態を解消できると、めちゃくちゃ気分が楽になりホッとしたのを覚えています。

 

給料日前の0円状態をそのままにしておくと、時間だけが精神衛生上良くない状態でどんどん過ぎて行き不安が増幅していきます。

 

まずは気軽に給料ファクタリングについて問い合わせたりするなどして、小さな行動からでもしてみましょう。