給料日前 金欠

MENU

給料日前 金欠

 

給料日前に金欠となって明日から食事どうしよう・・・と困る時って多いですよね。

 

金欠状態になる理由として多いのは給料日前の急な出費ですね。

 

例えば、友人の結婚式がなぜか連続したとか外せない付き合いが多く入ってしまった時です。

 

金欠になると食事や家賃など支払わなければならないものもあるので相当焦りますね。

 

本当にその気持ちは私もわかります。

 

そこで、以下より給料日前の金欠方法をピックアップしたので、知らずに損するということのないように最後まで読み進めて下さい。

 

給料日前の金欠対策

 

友人などからお金を借りる

 

まずは友人などからお金を借りるというのは思いつきますよね。

 

ただこれには結構大きなリスクがあります。

 

これまで良好な関係だった友人にお金を貸してほしいとの話をしたとたんに距離を置かれるという場合があります。

 

やはりお金の貸し借りは揉め事の元となるので、相当警戒される場合があります。

 

お金の貸し借りで親しい友人の関係が崩壊するということはありますので注意が必要と言えるでしょう。

 

会社に前借を申請する

 

会社との関係が良好ならば会社に前借を依頼するのもありです。

 

ただ会社によっては前借りをすることによって昇進に響くという事もありえます。

 

また職場の同僚に前借をしたことが漏れたりすると嫌ですよね。

 

陰でコソコソと何か言われるんじゃないかと心配になります。

 

消費者金融で借入を依頼する

 

消費者金融からですとなんの後腐れもなく手軽に借りれるので良いと思われがちですが注意点があります。

 

注意点とは消費者金融から借入をすると「借入履歴」が残ってしまうことです。

 

借入履歴は完済してから5年間は履歴として残ります。

 

借入履歴が残っていると銀行などローンを組む時に浪費家というイメージを持たれ審査にマイナスに働いてしまうことは覚えておいて下さい。

 

次の給料日まで持ちこたえれば何とかなるという方は次の金欠対策がおすすめです。

 

給料ファクタリングで支払い予定の給料を買取ってもらう

 

給料ファクタリングとは何?と思う方も多いので簡単に説明しますと、支払い予定の給料を買取ってもらうという事です。

 

定職についている方は給料は月末締めの翌月25日払いなどと実際に給料を得るまでに時間があります。
給料ファクタリングでは実際に働いた分の支払い予定の給料を買取ってもらうのです。

 

このようにすれば早い段階で給料を現金として得ることができ、給料日前の金欠状態を回避する事ができるのです。

 

給料ファクタリングを利用する方は以下の様な方が向いています。

  • 現在定職についており毎月給料の支払いを受けている
  • すぐに現金が欲しい
  • 会社に知られずに利用をしたい
  • 消費者金融での借入履歴を残したくない
  • 過去に自己破産などをしておりブラックで借り入れが難しい方

 

給料ファクタリングを利用する際にもっとも重要な事は、現在定職についており毎月給料の支払いを受けている状態であるという事です。

 

無職で給料の支払い予定が無い方は利用できませんので注意をして下さい。

 

 

給料ファクタリングはどこを利用するのが良いのかが気になりますよね。

 

ファクタリングは事業主の方が利用するのが多く、個人対応のファクタリングは少ないです。

 

その中でも個人対応の給料ファクタリングで有名なのが「七福神」です。

 

私も利用して問い合わせからしてみたのですが、一番対応も良く好感が持てたので七福神を利用しました。

 

 

給料日前の金欠状態の心配が消えると毎日ストレスが溜まったり不安になったりせずに過ごせてとても良いです。

 

金欠状態ですと情緒不安定になり体に負担をかけてしまうので注意をしてくださいね。