給料日前 残高

MENU

給料日前 残高

 

給料日前に残高が少なくなるととっても不安になりますよね。

 

冠婚葬祭や急な付き合いでの出費が重なるなどすると、残高がまずい状態に…となります。

 

私も一時期、予定が多く入って給料日前に残高がピンチになったのを今でも覚えています。

 

本当に焦りましたね。

 

家賃など支払いがまだだったので滞納をしてしまって信頼を無くしてしまったらマズいと思っていましたから…。

 

 

そこで私はお金の対策について考えました。

 

まずは友人から借りようかと思いましたが、お金の話をしたら距離を置かれるようになったとの話はよく聞きます。

 

やはりお金で人間関係が崩れる原因となりやすいので、避けられることはあります。

 

 

次に会社で給料を前借りをしようと思ったのですが、会社に金にだらしないと思われたり理由によっては断られるケースもありお願いしにくいですね。

 

 

これらの事を気にすることなく利用できる消費者金融から借り入れをしようかと思ったのですが、私は「給料ファクタリング」というサービスを利用することに決めました。

 

私が給料日前に残高が少ない中、給料ファクタリングを利用した理由

 

給料ファクタリングについて知らない方も多いかと思いますので簡単に説明をします。

 

給料ファクタリングとは受け取る予定の給料を事前に買取ってもらうサービスです。

 

給料は普通は月末締めの翌月25日払いと、支払いを受けるまでに時間がかかります。

 

そこで給料ファクタリングを利用することによって、早い段階で給料を買取ってもらう事によって現金化し、給料日前の残高を心配する必要が無くなるのです。

 

日本において給料ファクタリングは消費者金融と比べるとまだ知名度は高くありませんが、海外では有効に利用されている資金調達サービスとなっています。

 

利用して安心できたファクタリング会社

 

ちなみに私が利用した給料ファクタリング会社は「七福神」にしました。問い合わせをしたところ、一番対応が丁寧で誠実そうだなと思ったからです。

 

 

給料ファクタリングの利用はこんな方が向いています
  • 定職についており定期的な収入がある
  • 給料日前に残高が少なく今すぐ現金が欲しい
  • 消費者金融で借入をして借入履歴を記録されたくない
  • 会社にわからずに利用をしたい

 

給料ファクタリングを利用するには定職についており定期的な収入がある方しか利用が出来ません。

 

給料ファクタリングは支払い予定の給料を買取るサービスなので当然ですね。

 

ただ過去に自己破産でブラックになっていても今現在、収入を得ている方は利用することが可能な場合があります。

 

消費者金融と給料ファクタリングの違い

 

消費者金融では借り入れをすると、借入履歴が出来てしまいます。

 

借入履歴が出来ると何か不都合でもあるのか?と疑問に思う方もいるでしょう。

 

借入履歴があると銀行でローンを組んだり融資を受ける際の審査にマイナス評価となってしまいます。

 

しかも借入履歴は完済してから5年間も残ってしまうため、少額借りるだけだからという安易な考えで借りるのは、やめた方が良いでしょう。

 

完済してから5年となると思ったより長いですからね。

 

 

 

それに対し給料ファクタリングですが、給料の買取となるので借入履歴が残る事は無く安心して利用できます。

 

給料を買取る際に手数料がかかりますが、借入履歴が残らない・審査のスピードが早いなど大きなメリットがあります。

 

私が消費者金融ではなく、給料ファクタリングを利用した理由はこのような背景があったからです。

 

給料日前に残高が無いを解消したその先には…

 

給料日前 残高 解消

 

給料ファクタリングを利用して給料日前に残高が少ない状態から逃れた時は本当に気分が解放されました。

 

悩んでばかりで考えてばかりでは、なんの解決にもなりません。

 

やはり行動することによって解決へと近づくのです。

 

まずは給料ファクタリングについて問い合わせをしてみたりと、小さな行動からでもしてみてはいかがでしょうか?