給料日前 乗り切り方

MENU

給料日前 乗り切り方

 

給料日前は乗り切り方を知りたいという方は多いですよね。

 

冠婚葬祭や大切な人との付き合いなどで出費が多い月には金欠になりやすいですからね。

 

私も一時期、結婚式等が重なった時、給料日前にどう乗り切ろうか悩んだものです。

 

 

 

給料日前の乗り切る方法としてまずあげられるのが友人から借りるです。

 

ただ友人から借りるとしてもリスクがあります。

 

お金の話を出したとたんに音信不通になることもありえます。

 

お金の話は人間関係を崩壊させる危険性があるため、その手の話の相談にはのりたくないという人が多いですからね。

 

仲が良かったのに距離を置かれるというのは良くある話ですね。

 

 

 

また会社に前借り・前払いの依頼をしても考えても良いでしょうが、金にだらしがないと思われ出世に響いたりすることもあるようです。

 

また同僚にも知られて変な噂をされるのにも嫌ですよね。

 

 

 

そこで私は給料日前にどう乗り切ろうか悩んでいた時に知ったのが「給料ファクタリング」でした。

 

 

給料日前を乗り切るために利用した給料ファクタリング

 

給料ファクタリングは日本においてはまだあまり知られていないサービスです。

 

簡単に給料ファクタリングを説明しますと「働いた分の支払い予定の給料を事前に買い取るサービス」です。

 

給料は普通は月末締めの翌月25日支払いという具合になっていますね。

 

上の例ですと給料日前に金銭が苦しくなった状態ですと25日まで乗り切るにはどうしようかと悩むわけです。

 

そこで給料ファクタリングを利用すると事前に働いた分を現金化できるので、給料日前でも乗り切ることが可能となるのです。

 

給料ファクタリングは日本ではまだ知名度は低いですが、イギリスなどでは有効な資金調達サービスとして活用しています。

 

 

 

ちなみに私が利用した給料ファクタリングサービス会社は「七福神」でした。

 

はじめ問合せフォームからお話を伺い誠実な対応だなと感じたので利用することを決めました。

 

 

給料ファクタリングを利用するにはこんな方が向いています
  • 定職に就いていて定期的な給料を受け取っている
  • 会社にバレずに利用したい
  • 早く現金を手に入れたい
  • 消費者金融のように借入履歴を作らずに利用したい

 

デメリットとでも言うべきか、給料ファクタリングを利用する上で絶対条件となるのが、定職について定期的な給料を得ていることです。

 

給料ファクタリングは支払いされる予定の給料を買取るので、無職の方など給料を得ていない方の利用は無理なので注意が必要です。

 

 

 

私は給料日前の乗り切る方法として消費者金融の利用も検討しました。

 

ただ消費者金融で借入をすると「借入履歴」が残ってしまうのでやめました。

 

借入履歴は完済してから5年間も記録として残ってしまいます。

 

借入履歴が残った状態だと、銀行などでローンを組む際の審査で大きなマイナスポイントとなってしまうのです。

 

私はとりあえず今月だけ乗り切れれば何とかなりそうだったので、消費者金融での借入はやめました。

 

完済してから5年も借入履歴が残るって結構長いですよね・・・。

 

 

 

それに対して給料ファクタリングは給料債権の買取りとなり、借入とならないので借入履歴には影響がないので安心です。

 

給料ファクタリングは利用するのに手数料はいりますが、このような大きなメリットがあるので利用することに決めました。

 

 

 

給料日前を乗り切る方法で悩んでいるなら、給料ファクタリングも一つの方法として検討するのも良いでしょう。

 

給料日前を乗り切ることが出来れば本当に気持ちが楽になりますからね。

 

現金が手元にない状況を放置しても時間だけが過ぎて不安が増すばかりです。

 

まずは気軽な気持ちで給料ファクタリングについて問い合わせるなどして、給料日前を乗り切る小さなステップからでも進んで行きましょう。