給料日前 一週間

MENU

給料日前 一週間

 

給料日前の一週間ってお金がキツくなる時ってありますよね。

 

急な大切な付き合いや冠婚葬祭などが続くとどうしても金欠になってしまうことがありますからね。

 

私も付き合いでの会合などがあって給料日前の一週間はお金がきつくてどうしようと本気で悩んだことがありました。

 

 

そこで給料日前の一週間をどうしのぐかを考えてみたのです。

 

 

友人に借りる

 

友人に借りるのは比較的手軽と言えば手軽です。

 

ただ、お金の話を切り出した途端に音信不通になったという話もよく聞きます。

 

お金は人間関係の崩壊を招くので距離を置かれる可能性がありますね。

 

 

会社に前借りをする

 

会社に頼んでお金を前借りしてもらえればよいですね。

 

ただお金の借りる理由によっては断られる可能性もありますし、会社にお金にだらしない奴とレッテルを貼られると昇進にも影響が出そうですよね。

 

 

その他、自分のモノを売ったりしてどうにか乗り切るという手もありますが大した額が得られないことが多いです。

 

ブランドの服や本って売ってみるとわかりますが、めちゃくちゃ買い叩かれます(笑)完全に足元みられてるなと怒りさえ沸いてきます。

 

 

となると、定番の消費者金融を利用すれば変な人間関係の縺れも無く借りる事が出来ると皆は考えて利用する方が多いですね。

 

ただ私は消費者金融は利用せずに「給料ファクタリング」を利用することを選択しました。

 

給料日前の一週間のピンチに給料ファクタリングを利用した理由は!?

 

給料ファクタリングって何?と疑問に思っている方も多いかもしれないので簡単に解説します。

 

給料ファクタリングとは、受け取る予定の給料を事前に買い取ってもらうサービスの事を言います。

 

給料は通常、月末締めの翌月25日払いと給料が支払われるまでに時間がかかります。

 

給料ファクタリングでは支払いを受ける予定の給料を事前に買い取ることによって現金を得る事が出来て給料日前の一週間もしのぐことが出来るのです。

 

 

ちなみに給料ファクタリングはまだそれほど日本においては一般的ではないですが、イギリスでは有効な資金調達方法として活用されています。

 

 

 

ちなみに私が利用した給料ファクタリング会社は「七福神」です。

 

やはり最初は利用するのは不安でしたが、問い合わせをしたところ一番丁寧で誠実さを感じたから七福神を利用する事にしました。

 

 

給料ファクタリングこんな方に利用されています
  • 定職に就いており給料を定期的に得ている
  • 給料日前にすぐに現金が欲しい
  • 消費者金融を利用しての借り入れ履歴をつくりたくない
  • 会社には知られずに利用したい

 

まず給料ファクタリングを利用する上で絶対条件となるのが現在給料などの支払いを受ける予定のある方という事です。

 

というのも給料ファクタリングは支払い予定の給料を事前に買取るので当然と言えば当然ですね。

 

ただ過去に自己破産でブラックになっていても現在給料を得ていれば利用できる可能はあります。

 

 

 

消費者金融と給料ファクタリングの大きな違いについて解説します。

 

消費者金融では借入をすると少額でも借入履歴が残ってしまいます。

 

しかも借入履歴は完済から5年間は記録として残ります。

 

銀行から借り入れをする際にこの借入履歴が残っている状態ですと、浪費家なのでは?という印象を与えてしまうため審査にマイナスに働きます。

 

消費者金融は手軽に利用できる反面このようなデメリットもあることにも注意をしておきましょう。

 

完済してから5年間って思ったより長いですよね。

 

 

 

対して給料ファクタリングでは給料の買取りとなるので、借入とはならず借入履歴になんら影響はありません。

 

給料を買取ってもらう際に手数料は必要ですが、借入履歴が残らないことや審査のスピードがとても早く即日対応のところが多いです。

 

これらのメリットがある理由から私は給料ファクタリングを利用することを決意をしたのです。

 

 

給料日前 一週間 解消

 

給料ファクタリングを利用して給料日前の苦しい一週間をなんとか乗り切れると思った時の開放感は今でも忘れられません。

 

お金の問題は何もしないでいると、状況はどんどん悪くなる一方となり不安が募ります。

 

とりあえず給料ファクタリングのことを気軽な気持ちで問い合わせてみるなどして小さな行動からしてみるのが良いでしょう。