給料日前 ピンチ

MENU

給料日前 ピンチ

 

給料日前にピンチでどうしようもなくなった!とお金で困る方は多いですよね。

 

急な大切な付き合いの会合や冠婚葬祭が続いたなど原因は様々。

 

私も過去に結婚式が重なって給料日前にピンチになりかなり焦った記憶が今でも鮮明に蘇ります。

 

給料日前にピンチで現金が無くなってくると、食事や家賃などの支払いが心配になってきますよね。

 

家賃滞納だけは信用問題を落とすので本当に避けたい!と必死になりました。

 

 

 

そこで私はお金の対策について色々考えました。

 

まずは友人に借りようかと思いましたが、お金の話を持ち出した途端に連絡が途切れたなんてよくある話。

 

やはりお金で人間関係が一度こじれると修復不可能な対立関係になってしまったりするので事前に避けられるのでしょう。

 

次に会社に前借りを依頼してもらおうかも考えましたが、会社にお金にだらしないというレッテルを張られてしまうと昇進に響く可能性もあるので躊躇しました。

 

また何より同僚に知られて陰で変な噂をコソコソ言われるのも嫌でしたね。

 

 

そこで揉め事や人のしがらみが少ない消費者金融の利用を検討しました。

 

ですが私は消費者金融ではなく、「給料ファクタリング」というサービスを選択をしました。

 

給料日前にピンチ!給料ファクタリングを選択した私の理由とは?

 

給料ファクタリングって聞きなれない言葉なので知らない方も多いかと思いますので簡単に説明をします。

 

給料ファクタリングとは、既に労働した分の給料を事前に買い取るサービスです。

 

例えば給料の支払いは月末に締めて、翌月の25日に支給という形態をとっていることが殆どです。

 

給料締め日から支払いを受け取るのに時間がかかりますが、給料ファクタリングでは早期に受け取る予定の給料の現金化が可能です。

 

早期に現金化をすることによって給料日前のピンチを脱することが出来ます。

 

給料ファクタリングは日本ではまだまだ馴染みがないですが、発祥国のイギリスでは資金の調達方法としては頻繁に利用されています。

 

給料日前の一時的なピンチ状態を乗り切るには、リスクの少ない給料ファクタリングは使い勝手の良い手段です。

 

 

 

まだ給料ファクタリング会社は少ないですが、私は「七福神」に決めました。

 

まず問い合わせをしてみたところ、対応も誠実で好印象だったからです。

 

 

給料ファクタリングを利用するならこんな方が向いています
  • 定職に就いており給料を受け取る予定がある
  • 給料日前にピンチで今すぐ所持金を得たい
  • 消費者金融を利用して「借入履歴」を残したくない
  • 会社に知られずに利用をしたい

 

給料ファクタリングを利用するには定職に就いており給料を受け取る予定がないと利用が出来ません。

 

給料ファクタリングは働いた分の給料を前もって買取るサービスなので当然と言えば当然ですね。

 

ただ過去に自己破産してブラックでも、現在働いており定期的な給料が支給されてる方は利用は可能が可能です。

 

 

 

ここから「消費者金融」と「給料ファクタリング」の大きな違いを説明します。

 

まず消費者金融では借入をすると「借入履歴」が付きます。

 

借入履歴は完済してから5年間は記録されます。

 

借入履歴は銀行などから借り入れをするまえに審査にする際に確認されると大きなマイナス印象を与えてしまいます。

 

給料日前のピンチをしのぐ少額の借入でも履歴がしっかりと記録されるので、検討が必要です。

 

「完済してから」5年間借入履歴に残るって結構長いですよね。

 

 

 

対して給料ファクタリングでは給料の「買取り」ですので、借入履歴に記録されることはありませんので安心です。

 

給料の買取りの際に手数料は必要ではありますけど、借入履歴に記録されない・審査スピードが速いなどのメリットがあるので、給料日前のピンチを乗り切る有効な手段の一つとして考えても良いでしょう。

 

私はこのような理由から総合的に判断して「給料ファクタリング」の利用を決断しました。

 

 

 

給料ファクタリングを賢く利用して給料日前のピンチを脱した際は、気持ちが本当に楽になり開放されました。

 

金銭的な悩みは考えているだけで、放置しておいても解決にはなりませんし、ますます不安が募るばかりです。

 

まずは気軽に給料ファクタリングについて聞いてみるなどして小さな行動からしてみると良いですね。