給料日前 やばい

MENU

給料日前 やばい

 

給料日前にやばい…どうしよう…とお金のことで不安になることってありますよね。

 

冠婚葬祭やどうしても外せない付き合いの飲み会が続いたりすると、給料日前にやばくなることが多くなります。

 

私も結婚式が連続したときに給料日前にやばい状態になって悩んだことを今で鮮明に覚えています。

 

給料日前に所持金がやばくなると、食事や家賃などの支払いが心配になってきます。

 

家賃滞納は信用を著しく損なうのでどうしても避けなければなりません。

 

 

 

そこで様々な金策を考えてみました。

 

友人に借りようと考えましたが、お金の話を切り出した途端に距離を置かれるという話はよく聞きます。

 

お金は揉め事の原因となりやすいので、避けられるのでしょう。

 

また会社に前借りを頼もうかとも考えました。

 

ですが会社にお金にルーズな印象を持たれると出世に悪い影響を与えてしまったりしますし、何より会社の同僚に話が漏れて変な噂をされないか心配です。

 

そこで私は揉め事や面倒なことが少ない、消費者金融から借り入れを検討しました。

 

ですが私はある理由から「給料ファクタリング」というサービスを選ぶことを選択したのです。

 

 

給料日前にやばい!給料ファクタリングを私が選んだ理由

 

「給料ファクタリングって?」

 

「それって怪しくないの?」

 

という声が聞こえてきそうなので簡単に説明します。

 

給料ファクタリングは簡単に説明すると「働いた分の支払いがされていない給料を事前に買い取る」サービスです。

 

例えば通常、給料の支払いは月末締めの翌25日支給という具合になっています。

 

締め日から給料の支払い日までに日数を要しますが、給料ファクタリングを利用する事によって事前に働いた分の給料を現金にすることが出来るのです。

 

給料日前にやばい状態でも早期現金化によって、お金の悩みから解放されることが可能となります。

 

この給料ファクタリングは日本においてはまだ一般的ではないですが、発祥の地イギリスでは資金調達の有効な方法として活用されています。

 

私の場合は給料日前にやばい状態は今月さえなんとかしのげば良かったので、リスクの少ない給料ファクタリングの利用することにしたのです。

 

 

 

ちなみにどの給料ファクタリング会社を利用したかというと「七福神」です。

 

利用を決意した理由は、給料ファクタリングの利用ははじめてだったのでとても不安でしたが、問い合わせフォームより連絡をしてみたら誠実で丁寧な対応だったからです。

 

 

給料ファクタリングの利用はこんな方が向いています
  • 定職で働いていて、毎月給料を得ている
  • 給料日前にやばい!すぐに現金を手にしたい
  • 消費者金融のような「借入履歴」を付くのを避けたい
  • 会社に知られずに利用したい

 

給料ファクタリングを利用する上で注意をしたいのは現在定職についており、将来において給料の支払いを受ける方であることが絶対条件です。

 

給料ファクタリングは労働した分の給料を事前に買取るので、無職の方など収入を得る事が無い方は利用は不可なので注意してください。

 

過去に自己破産でブラックでも、現在定期的な給料を受け取っていれば利用ができる点も便利です。

 

 

 

消費者金融と給料ファクタリングの違いについて説明していきます。

 

消費者金融では少額での借入でも「借入履歴」がついてしまうことには注意が必要です。

 

この借入履歴は完済から5年もの間履歴として残ってしまうのです。

 

借入履歴が残っている場合は、銀行から借り入れを受ける際に審査の際にお金にだらしないのでは?というイメージを持たれ不利に働いてしまいます。

 

借りるのは少額と言ってもよく検討をする必要があるのです。

 

「完済してから」5年て結構長いですからね。

 

 

 

対して給料ファクタリングは借入ではなく、給料の買取りなので借入履歴に全く傷がつきません。

 

給料買取の際には手数料は必要ですが、借入履歴に影響がなくまた審査スピードも速く賢く利用すればとても有効な手段と言えるサービスです。

 

私が給料ファクタリングを選んだ理由はこれらのメリットがあったからです。

 

 

 

以上、給料ファクタリングの説明となります。

 

給料ファクタリングを活用して給料日前のやばい状態を脱した時は本当に気持ちが解放されて楽になりました。

 

お金の問題は放置しておいてもなんの解決にもならず、不安が増幅されるだけですからね。

 

精神衛生上良くないですし、体にも悪影響が出てくる可能性も考えられます。

 

まずは気軽に給料ファクタリングについて問い合わせから連絡をしてみるなどして、小さな一歩からでも踏み出して行きましょう。