給料日前 つらい

MENU

給料日前 つらい

 

給料日前につらくてどう生活して行こう…と不安になる方って多いです。

 

原因としては大切な人との付き合いが急に入ったり、冠婚葬祭などが続いてしまったことなどがなりやすいです。

 

私も外せない付き合いが立て続けに入り給料日前につらい思いをしたのを今でも覚えています。

 

給料日前につらくて所持金が少なくなってくると食事の心配や、家賃の支払いがまだで滞納する不安などが襲ってきます。

 

 

 

そこで色々、お金の対策を考えてみました。

 

まずは友人に借りることを検討しましたが、お金の話を切り出すと音信不通になった人の話を聞いていたので抵抗がありました。

 

お金の話で人間関係が崩れることはよくあることなので、距離を置かれても当然と言えば当然ですね。

 

 

 

次に会社に前借りを依頼しようかとも考えましたが、会社にお金にルーズだと思われてると昇進の際に足をひっぱると要素になりうるのでとても悩みました。

 

 

 

色々考えていた時に知ったのが給料ファクタリングというサービスでした。

 

 

給料日前のつらい時に知った給料ファクタリングを利用

 

給料ファクタリングって何?ちょっと怪しいんじゃない?と思った方もいるでしょう。

 

私も実はあやしそうだなと思いましたから・・・

 

簡単に給料ファクタリングを説明すると「もらう予定の給料を事前に買い取るサービス」です。

 

 

 

通常給料の支給は、月末締の翌月25日支給という具合になっている場合がほとんどですよね。
締め日から支払い日までに時間がかかりますが、給料ファクタリングは事前に働いた分の給料を現金化することが可能となるのです。

 

給料日前につらくても早い段階で現金化することによって、悩みを解消する事が出来るのです。

 

給料ファクタリングはまだ日本では一般的にあまりなっていないですが、イギリスでは有効な資金調達方法として頻繁に利用されています。

 

私は給料日前につらい時に、今月乗り切ればどうにかなるという状況であったので、リスクの少ない給料ファクタリングを利用する事にしました。

 

 

 

ちなみに私は「七福神」という給料ファクタリング会社を利用しました。

 

利用した理由としては最初は不安だったのですが問い合わせフォームから連絡をしてみたら、丁寧で誠実な対応をしてくれたからです。

 

 

給料ファクタリングはこんな方によく利用されています。
  • 定職で働いており毎月定期的な給料の支払いを得ている
  • 給料日前につらい…早く所持金が得たい
  • 消費者金融のように借入履歴を残さずに利用したい
  • 会社に知られずに利用したい

 

給料ファクタリングを利用する上で注意する点は、収入を定期的に得ていることが条件です。

 

働いた分の給料を買取るサービスなので、無職などで定期的に収入を得ていない方は利用できない点は知っておきましょう。

 

 

 

次に知っておいて欲しいポイントとして「消費者金融」と「給料ファクタリング」の大きな違いについても解説しておきます。

 

消費者金融で借入をすると「借入履歴」が残ります。

 

この借入履歴は借入金を返済してから5年間も履歴をして残ります。

 

借入履歴が残った状態ですと、銀行から融資を受ける際の審査で大きなマイナスポイントとなってしまいます。

 

浪費家ではないのか?と疑われてしまうのですね。

 

なので少額でも気軽に借りれるからと安易に消費者金融を利用するのは良く検討した方が良いのです。

 

完済してから5年って意外と長い期間だと思いませんか?

 

 

 

消費者金融に対して「給料ファクタリング」では借入扱いにならずに「買取」なので借入履歴になんの影響もない点が大きなメリットと言えるのです。

 

買取には手数料はかかりますが、審査スピードも即日対応可能なので柔軟に利用が出来る点が良いですね。

 

私が給料ファクタリングに決めた大きな理由は以上のようなメリットがあったからです。

 

 

 

以上、給料ファクタリングについて説明をしてみましたが給料前につらい状態で悩みを抱えているなら、解決法の一つの手段として考えてみるのも良いでしょう。

 

 

 

私は給料日前につらくて不安を抱えていた時に、給料ファクタリングを活用してなんとか難を逃れ気持ちが解放され本当に楽になったのを覚えています。

 

給料日前のつらい状況を放置しておくと、不安な気持ちはどんどん増幅されて気持ちのみならず身体にも悪い影響を与えますからね。

 

まずは気軽な気持ちで給料ファクタリングについて問い合わせフォームから連絡をとってみるなどの小さな行動からしてみましょう。